クレジットカードなしでDXLIVEに登録

DXLIVEに入会しようと思ったときに、クレジットカード情報を入力する画面が表示されるのでどうしても抵抗がある方も多くいるはず。

海外サーバーのため支払い方法は基本的にクレジットカード払いが原則となっていますが、「クレジットカードを持っていない」または「クレジットカード登録するのが不安」と思うこともあります。

そこで、クレジットカードを使わなくてもDXLIVEに登録する方法を解説します。

まず、DXLIVEではクレジットカード登録が基本ですが、なくても他の方法で登録することが可能です。

  • Vプリカ(プリペイド)
  • デビットカード

この2つの方法で登録することができます。では具体的にお伝えしていきます。

クレジットカードなしでDXLIVEに登録する二つの方法

DXLIVEをクレジットカードなしで利用方法が2通りあります。

  • Vプリカ(プリペイド)
  • デビットカード

これらのメリットやデメリットについて、詳しく紹介していきます。

デビットカード

バンドルカード

デビットカードは、クレジットカードやデビットカード同様VISA加盟店で使えるカードです。

審査不要で口座を登録しておくことで、15歳から持てるのも特徴です。

デビットカードを作る際の注意事項

  • デビットカードが発行できる銀行口座を持っていることが必要
  • 残高不足で引き落としされなかったときは、カードが停止することもある

以上を注意しなければいけませんので、これらをふくまえた上でデビットカードを作ってみましょう。

そこで、デビットカードのメリットやデメリットに対して詳しく解説していきます。

デビットカードのメリット

審査がない

デビットカードはクレジットカードと異なり、自分の口座から即時引き落としがかかるので、「与信審査」というものはありません。

そのため、メイン口座ではなくネット専用のデビットカードを作っておけば、過大請求などの万が一のリスクにも備えることができます。

口座にお金がなけば、残高不足で決済できないだけなので、安心できると言えます。

使い過ぎ防止対策にピッタリ!

前述でもご説明しましたが、デビットカードは口座から直接引き落としされます。

そのため、口座にある分の金額だけしか遊べない仕組みとなっているので使いすぎる心配はありません。

クレジットカードだとどうしても、あと少しだけ遊ぼう。と思って気づいたら高額な金額を使ってしまうことがあるのが怖いところです。

その分、デビットカード決算はメリットのある方法です。

デビットカードのデメリット

分割払いやリボ払い

Vプリカ

Vプリカ

Vプリカはライフカードが発行しているネット専用のVISA加盟店で使えるプリペイドカードです。インターネット上でVISAが使えるショップやサイトであればクレジットカード同様に利用できるのが特徴です。

カードに記載されている番号をサイトに入力することで、利用することができます。

Vプリカのメリット

年齢制限なく、誰でも利用できる

デビットカードは、クレジットカードと違って「審査」や「年齢制限」がありません。

クレジットカードは基本的に後払いですが、Vプリカは事前にチャージをするのでそもそも審査という概念がないのです。

また、あくまでもプリペイドカードという扱いのため、チャージした料金以上かかることもありませんので使いすぎる心配はありません。

1.2分で簡単に発行することが可能

必要最低限の情報を入力するだけですぐに発行されるので、すぐに利用することができます。

操作に不慣れな方でもシンプルで分かりやすいので安心。

Vプリカのデメリット

購入時に手数料が発生する

Vプリカはコンビニで購入することができますが、その際に200円分の手数料がかかります。

  • 2.200円(2.000円)
  • 3.200円(3.000円)
  • 5.200円(5.0000円)

と最大10.000円分まで購入することができます。

休眠時に維持費がかかる

Vプリカでは休眠維持費というものがあります。

具体的には最後に利用した月から3か月使わなかったときに、翌月に125円の休眠維持費というのが発生してしまいます。

とは言え、プリペイドカードで3か月も利用しないなんてことはあまりないかと思いますので、あまり気にしなくても問題はないでしょう。

また、1年という有効期限があるのでこの期間が過ぎると抹消されますので注意がご注意ください。

VISA加盟店でも使えないサイトも存在する

基本的にはVISAが使えるサイトであれば、利用することができますが一部使えないところもあります。

例えば、大手動画配信サービスの「DMM.com」ではVプリカを使って決済はできません。

その点、DXLIVEはVプリカに対応しているので安心できます。

無料お試しポイントがもらえない可能性がある

VプリカやデビットカードでDXLIVEに登録することはできますが、唯一欠点があります。

これらの方法で登録した場合には、無料お試しポイント(12PT)が付与されないケースがあり、特にVプリカはその可能性が高いです。

Vプリカはプリペイド扱いのため、クレカと認識されないことが多く逆にデビットカードはその可能性が低いです。

私自身もVISAデビットで利用してみましたが、その時にはちゃんと無料ポイントが付与されましたが今後どうなるかは分かりません。

なので、Vプリカやデビットカードで入会する場合には、その可能性があることだけは覚えておいた方がいいですね。